東方Twitterアイコン集 永夜抄 公開

いよいよ明日は例大祭です。
というわけで、東方キャラクターのSNSアイコン集、永夜抄版を公開します。
TwitterなどのSNSのアイコンや素材として、無料でお使いいただけます。

利用の際は同梱のリードミーをお読みください。それを利用条件とします。
あと必須ではないですが、この記事のコメント欄か、Twitterのこのアカウントにでもご報告いただけるとテンションが上がって明日への活力にできます。
以下はサンプルです。
ミスティア  慧音  うどんげ

ダウンロードは以下から。
永夜抄
以前のアイコンはこちら

パロ満載のGTA風レトロ2Dアクション「Retro City Rampage」

2013-05-23_00001

今回紹介するRetro City Rampageは、オープンワールドの8bit風2Dクライムアクションだ。
道行く車を拝借し、通行人を跳ね飛ばし、警官とのカーチェイスを繰り広げ……という「Grand Theft Auto」風のゲームだ。
古き良きアーケードゲームのような構成になっており、適当にポリスとドンパチしているだけでもなんだか懐かしくなってきてしまう。
また、インディーならではのパロディ要素がふんだんに散りばめられており、そこでもちょっとニヤリと出来る。「かつて」に触れることのできるゲームだ。
Steamで14.99$にて販売。

詳細は続きから。

続きを読む

可愛い少女×スプラッタ=最強「They Bleed Pixels」

They Bleed Pixe137

「可愛い少女にはスプラッタ表現が似合う」というのは伝統だが、ピクセル画でそれをやったのがThey Bleed Pixelsだ。
孤児院に預けられることとなった少女が、そこで呪われた書物を見つけ、悪夢の中で戦うことになる……というストーリーの2D横スクロールアクション。キャラは可愛いドット絵だが、流血やトゲ、ノコギリなどのスプラッターな表現・ギミックが目白押しだ。
キャラの可愛らしさとは裏腹な難易度の高さがウリで、なんとなくやってればクリアできるようなゲームには飽きた! という人も十分な歯ごたえを感じることができるはずだ。
Steamにて9.99$にて販売。

詳細は続きから。

続きを読む

全身粉砕骨折系バイクゲーム「Trials2: Second Edition」

2013-05-21_00001

Trials2: Second Edition(以下Trials2)はその名の通り、オートバイの「トライアル」という競技がテーマになっている。オートバイに乗って行う障害物競走だと思ってもらえれば早い。
障害だらけのコースをいかに素早く走り抜けるか……というのがこのゲームの目的のはずなのだが、難易度はかなり高く、Easyのコースでも初見では二桁ほど死ぬのもザラだ。「ウィリーした時間」や「クリアタイム」に並んで「折れた骨の数」の項目があるあたりでお察しである。
しかしリトライがサクサクでき、チェックポイントもちょくちょく挟まれるので、難易度の高さはストレスというより達成感のための良いスパイスとなっている。ちょっとやるつもりが、気づけば一時間経っていた……というようなタイプのゲームだ。
Steamにて9.99$にて販売。

 

続きを読む

一人暮らし(特に大学一年生)に送る、夏の生活のTips

大学一年生にとっては、初めての夏が来ようとしている。旅行や遊びの計画を今から思い描いている人もいるかもしれない。
しかし、どんな状況であれ、きちんとした生活は維持すべきだ。そして夏には、「きちんとした生活」を崩すトラップがいくつも存在する。
自分自身そういうトラップ一つ一つに全部引っかかってきたアホであるが、だからこそ、その失敗から得たものをぜひ伝えたいと思ってこの記事を書く。

そういうわけで、この記事の最大の対象は、経験値の低いであろう大学一年生となっている。しかし要は実体験に基づくことだから、一人暮らしの人すべてに通じるTipsとなっているはずだ。
一人で生活をやりくりする上での夏の危険を、分かってもらうなり再確認してもらうなりできたら幸いだ。

詳細は続きから。

続きを読む

東方Twitterアイコン集 妖々夢 公開

東方キャラクターのSNSアイコン集、妖々夢版です。
TwitterなどのSNSのアイコンや素材として、無料でお使いいただけます。

利用の際は同梱のリードミーをお読みください。それを利用条件とします。
あと必須ではないですが、この記事のコメント欄か、Twitterのこのアカウントにでもご報告いただけるとテンションが上がって明日への活力にできます。
以下はサンプルです。
幽々子   妖夢   橙

 

ダウンロードは以下から。
妖々夢
以前のアイコンはこちら

 

宇宙空間で変形ロボを乗りこなす360度シューティング「Strike Suit Infinity」

2013-05-18_00019

「Strike Suit Infinity」は、人型に変形できる可変戦闘機「Strike Suit」を駆り、敵をなぎ倒す3Dアクションシューティングだ。Steamにて6.99$で販売されている。
2013年1月に発売された「Strike Suit Zero」のスピンオフにあたり、評価の高くなかったストーリーモードを削除、代わりにWaveクリア型のモードをメインとし、高評価だったStrike Suitでの戦闘を思う存分楽しめるようになっている。
手応えのある難易度で、例えばアーマード・コアあたりが好きな人には自信をもっておすすめできる。
前作を持っていなくても楽しめ、価格もZeroから大幅(半額以下だ)に下がっており、そして何より面白い。ロボ好きかどうかを問わず、迷わず「買い」なゲームだ。
公式サイトはこちら


詳細は続きから。

続きを読む