Windowsで表示される文字を綺麗にするフリーソフト「MacType」

Windowsの文字はお世辞にも綺麗だとは言えない。というか、汚い
Vistaから幾分かマシになったとはいえ、それでもまだMacに比べると汚い感じがある。

「なんだそれ、何か問題あるの?」と突っ込むことなかれ。どうせなら綺麗で美しいものが表示されているほうがいいに決まっている。それに、汚いフォントの何が困るかといえば、目が疲れるのだ。Webよりも紙媒体だよね! となる一因に、フォントの汚さがあると思う。
実際、MacユーザーがWindowsを使うと、文字の汚さに転げまわることになるという話も聞く……。

しかし、だからといってどこかから良い感じのフォントを見つけてくれば良いかというと、それも無理がある。
Webページによっては一定のフォントで閲覧されることを想定してたりするわけで、そういうサイトでは表示が崩れてしまうだろう。

さてここからが本題なのだが、フォント探すのに限界があるなら、レンダリングをいじればいいのだ。
文字表示を綺麗にするフリーソフトは「gdipp」が有名だが、こいつは設定の小回りが効きづらいし、扱いもちょっと難しい。
もっと扱いやすく、便利なものはないか……というところで至ったのが、今回紹介する「MacType」だ。
いわゆる中華製ソフトということで心配する声もあるが、信頼出来るしっかりしたソフトだ。日本語にも(ところどころ訳がアレだが)対応している。

詳細や、どんな風になるかは続きを読むから。

 

 

さて、MacTypeには様々なモードが存在する。レジストリやサービスとして起動するモードから、タスクトレイに常駐するモード、あるいは適用したいexeをmactype.exeにドラッグして適用するモードまで様々だ。この時点でgdippに一歩先んじる。

また、レンダリングに関して非常に細かく設定できるというのも強みで、満足するまで自分の好みの文字表示を追求できる。
そんなのめんどくさいよ! という人には、モニターに応じたプリセットや、ウィザードでの設定も可能になっている。

 

2013y05m14d_0844084652013y05m14d_0844282312013y05m14d_0426309892013y05m14d_042451743

適用時・非適用時のスクショ。「あああああ」のほうは一目瞭然だろう。ブログ記事の方も、特に斜めの画やアルファベットで明確な差が出ている。

MacTypeは、一度入れればその効果はすぐに分かってもらえるし、もう汚い文字には戻れなくなることもうけあいだ。
ここまで読んでくれた方には、ぜひともMacTypeをインストールし、美しい文字の世界を味わってほしいと思う。文字が違うだけで、ブラウジングから何から、色々と楽しくなってくるのだ。

ところで、どうやってもMacTypeを適用できないソフトが幾つか存在する。例えばフォントファイルを独自に埋め込んであるようなゲームや、一部のセキュリティソフトは弾かれた。Twitterクライアントの「Krile」なんかが適用できなかったりもした。このあたりはgdippを使おうが同じ事なので、ソフトとしての限界というより、フォントレンダラというジャンルとしての限界なのだろう……。

また、MacTypeは「avast! Free Antivirus 8」と相性が悪く、avastがMacTypeの影響下にあると不具合が出て、アンインストールもリカバリもできなくなる。タスクトレイのMacTypeを右クリック>「詳細」から、avast周りのプロセスへは適用しないようにすればよい。

……旧バージョンだとavast側で弾いてたので問題なかったはずなんだがなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中