Windowsの起動から安定までの時間を確実に早めてくれるソフト「Soluto」

2013y05m14d_215357246

PCの起動を高速化する……となると、スイッチを押してからデスクトップに遷移するまでの時間をいかに縮めるか、という話になりがちだ。
本来、高速化の目的は「ストレスフリーな環境を得る」というところに置かれているはずだ。と考えれば、「デスクトップに移ってからWindowsが安定するまでの時間」を縮める努力も必要だろう。この時間はブラウザひとつマトモに動かないからだ。
とはいえ、「デスクトップに移るまで」を短くする方法について語るサイトは多いが、「移ってから」について語るサイトはそう多くない。

さて、PCを使い込むほど、Windowsが起動してから安定するまでの時間は長くなっていく。これはなぜだろう。別にパーツが劣化しているわけでもなさそうなのに。
その答えはスタートアップ(Windows起動時に自動でプログラムが立ち上がる機能)にある。色々なアプリケーションをインストールするにつれ、知ると知らないとに関わらず、スタートアップに登録されているプログラムが増えていっているのだ。
Soluto」はプログラムのスタートアップ登録を停止したり、起動をズラすなどして、Windowsが安定するまでの時間を確実に縮めてくれるソフトである。
現在のバージョンではさらに機能が追加され、「Windowsにまつわる様々なストレスを軽減してくれるソフト」を指向しているようだ。
詳細は続きから。


2013y05m14d_225609488

Solutoはクラウドを利用してデータを収集しており、スタートアップに登録されたプログラムに対し、Removable、Potentially Removable、Requiredと分類してくれる。
RemovableかPotentially removableであると診断されたアプリケーションに関しては、スタートアップからの除外や、遅延(Windowsがアイドルになったとき、少しずつ起動されていく)などのアプローチを取ることができる。他のユーザーがどのような選択をしたかのグラフを見ることもできるので、参考にするのもよいだろう。参考までに自分の設定を上げると、SteamなどをRemoveし、SkypeあたりをDelayにすることで、Windows安定までの時間を46秒縮めている。
Solutoの特徴は「親切さ」にある。「どのプログラムが何をしてるか、正直把握しきれてない」という人にも優しい設計になっている。除外や遅延の設定はRemoved appsの項からすぐ元に戻すことができるし、除外することで不具合が生じるもの(エクスプローラーやアンチウィルスソフト、あるいはSoluto自身等)に関してはRequired appsとして処理され、変更を加えることができないようになっている。インターフェースも直感的でわかりやすく、扱いやすい。

2013y05m14d_204402525

かつてのSolutoは上に書いたスタートアップ周りを弄るだけのソフトだったのだが、現在ではさらに機能が追加されている。上記スクショは様々な「PCを便利にしてくれるフリーソフト」を紹介し、そのバージョンアップを通知してくれる機能だ。
他にも、ここ最近でどんなアプリケーションがエラー落ちしたかを知らせる機能や、ブラウザのアドオンの有効無効を管理する機能など、とにかくWindowsを操作していくうえで出くわすストレスを軽減する方向に向いている。

あえて本来の機能のみに絞って話すにしても、「起動時のストレスフルな時間を『確実に』縮めてくれる」というのは、多くのユーザーにとって大きな魅力であるはずだ。PCのスイッチを押してからコーヒーを淹れる準備をしだすタイプだった人たちには、このソフトの存在は大きいものとなるだろう。入れない手はない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中