パロ満載のGTA風レトロ2Dアクション「Retro City Rampage」

2013-05-23_00001

今回紹介するRetro City Rampageは、オープンワールドの8bit風2Dクライムアクションだ。
道行く車を拝借し、通行人を跳ね飛ばし、警官とのカーチェイスを繰り広げ……という「Grand Theft Auto」風のゲームだ。
古き良きアーケードゲームのような構成になっており、適当にポリスとドンパチしているだけでもなんだか懐かしくなってきてしまう。
また、インディーならではのパロディ要素がふんだんに散りばめられており、そこでもちょっとニヤリと出来る。「かつて」に触れることのできるゲームだ。
Steamで14.99$にて販売。

詳細は続きから。

2013-05-19_00004

Grand Theft Autoは結構やりたい放題なゲームだが、Retro City Rampageも負けず劣らず、GTAとはまた違った方向でやりたい放題している。
例えばオープニングシーン。金に困ったチンピラ(主人公)が犯罪組織に加わり、銀行強盗に参加し……というところから始まる。至って普通だが、その後が強烈だ。

2013-05-19_000052013-05-19_000082013-05-19_00010

背景に描かれるのは「スーパーマリオワールド」で見たような山。そしてその後始まる横スクロールジャンプアクション(このエリア、POWブロックが存在していたりする)。さらには、追い詰められた主人公の目の前に現れる謎のマシンは「ドクター・フー」に登場するターディスそっくりだ。
その後の展開は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を彷彿とさせるし……開幕から怒涛のパロディである。まあ、ゲームの舞台の名前が「Theftropolis」である時点でお察しか。
こういうことができるのは、インディーならではの強み(?)だろう。

2013-05-19_000022013-05-23_00010

Retro City Rampageは、そもそもはGrand Theft AutoⅢを8bit化するというところから制作が始まっている。なので「『アーケードになったGTA』を想像してくれ」と言えばそれで事足りる……と思いきや、そうではない。
勿論GTAでできることは大概できるが、実際のところ、このゲームは妙なポテンシャル――「懐かしさ」を秘めている。それは他の多くのクライムアクションでは見られない要素だ。
ゲーム内で「白黒印刷の説明書」を作るクライムアクションが他にあるだろうか? ファミコン時代を彷彿とさせるBGMが流れるのは? 何気なく水に潜ったら水中ステージが開始されるのは? 通行人をジャンプで踏んだら、マリオよろしく100点が加算されるのは?
そういった「懐かしさ」――それは排他的な懐古ではなく、私のような若者も共有できる感覚だ――こそ、Retro City Rampageの強みと言えるだろう。

ゲームそのものとは関係のない話になるが、このゲーム、なんと頭のてっぺんからつま先まで、全てブライアン・プロビンチアーノという開発者たった一人により作られている。それも、PC・PS3・PSVita・Xbox360・Wiiという、インディーにしては相当のプラットフォームでだ。販売地域などによっては内容を微妙に変更する必要も出てくるので、各プラットフォームに地域数分のバージョンを作成しなくてはならない(おま国するなら別だが)。最終的にブライアン氏が制作したのは17バージョンという恐ろしい数にのぼる。
膨大な開発作業をこなしつつ、ブライアン氏は各コンシューマ機のライセンス取得(Xboxを除く)までをも一人でやったという。東方Projectも神主一人で制作されているが、それとは話の規模が違う。商業のラインに乗せなくてはならないのだ。

レトロの空気にパロをたっぷりと練り込んで作られたクライムアクション、Retro City Rampage。80年代を愛する男の、たった一人の数年がかりの努力により制作されたこのゲームは、ゲーム的な観点から見ても質も良く、オススメだ。だがそれ以上に、「俺、このゲーム好きだよ」と言わせる何かこそが、このRetro City Rampageの強みであると感じた。

広告

パロ満載のGTA風レトロ2Dアクション「Retro City Rampage」」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中