期間限定「森永ミルクキャラメルアイス」 悪くないが、二個目は買わない

6月に入ってから、「森永ミルクキャラメルアイス」という商品が期間限定で販売されている。コンビニ・スーパーにいけば見つかるだろう。
森永のミルクキャラメルをコンセプトに制作されたアイスで、キャラメル味のアイスが、ビスケットと共にキャラメル風味のチョコでコーティングされている。
キャラメルといえば森永ということもあり、ちょっとワクワクしながら買ったのだが、二度買おうとは思わない程度のクオリティだった。
詳細を記す。

アイス部分は美味い。ここは流石というべきだろう。森永のミルクキャラメルはかなり甘く、ともするとクドさを感じるぐらいであるが、アイスにすることによってこのクドさが消え、爽やかに楽しめる甘さになっている。この部分はかなりイケる。

ただし、良いのはアイス部分だけだ。問題はそれ以外の部分……つまり、クッキーとチョコだ。
クッキーは存在を感じない。クッキー自体が薄すぎるというのがある。同社製品の「ビスケットサンド」などと比べると分かるが、アイスに対してボリュームがなさすぎて、クッキーならではの食感を主張できないのだ。その件とも関わるが、アイスがキャラメルフレーバーで濃い目の味ゆえに、もっとクッキーにボリュームを持たせないと味がかき消されてしまう。似たタイプの商品を見れば、あれではクッキーが薄すぎることは分かると思うのだが。

チョコの方だが、硬すぎる。食べる際にパリパリ感があるのはいいが、変な割れ方をしてポロポロ溢れる。これはいけない。そしてコーティング方法もまずい。クッキーごとチョコでコーティングしているため、クッキーの食感をチョコのパリパリのが消してしまう――これはクッキーの存在を感じられない、という問題にもかぶさってくる。さらにこのコーティング、どこを持ってもチョコに触れることになるため、外袋必須になって食べづらい上熱が伝わって溶けやすい。この問題の一つの答えが「ガーナ チョコ&クッキーサンド」のような、クッキー部分とチョココーティング部分を分けている商品だ。こうすれば食べやすいし食感も楽しめる。……参考にしようとは思わなかったのだろうか?

まとめると、素材は美味いといった感じで、せっかくの美味しいアイスなのに、その他の要素が足を引っ張っている感じを受けた。決して悪くない。悪くはないのだが、二度買おうとは思わない商品だった。
逆にいえば、このあたりが直ればかなり美味しいアイスになる。もしレギュラー製品化することがあったら、是非ここを改善してほしい。

製品ページはこちら