サッポロの新商品「ホワイトベルグ」レビュー

最近になって東京から地元に戻った。全国的にも住みやすい町として一応名を馳せてはいるところなのでのびのび過ごせてよいのだが、田舎ならではの問題もいくつかある。そのうちのいくつか――たとえば電車の来るスパンが長すぎるとか――は、まあ我慢すればそれで済む。が、しかし、我慢できない問題というのも当然ある。その中の一つが、ビールがないということだ。

いや、当たり前の話だが、スーパーでもコンビニでも「一応」買えはする。「一応」。種類がものすごく限定されるが。私の好きなレーベンブロイですら――東京だったらそこらのスーパーで買えたぞおい――どこにも置いていないのだ。要するに、「飲めれば良い、酔えれば良い」という層が客層のほとんどを占めるから、取扱いもサッポロやキリンの基本的なラインナップに限られてきてしまうのだろう。グランドキリンがコンビニで買えないだなんて!

それでまあ、もういっそ通販でもして手に入れようか、しかし送料がかさむしな……などと思っている所に、おもしろい商品が発売された。それがサッポロのホワイトベルグである。ベルギービールにならったと銘打たれたこの酒、非常にリーズナブルな割になかなか美味い。ということで、今回はこれのレビューをしてみよう。

続きを読む

新刊「淫果応報」頒布開始+番外編の予告

以前連絡したが「淫果応報」だが、先日無事頒布が開始されたのでお知らせする。

特設はこちら
メロンストアページ
DLSiteストアページ

また、表紙を飾ったイラストを、表紙担当のハマー氏が公開している。
すばらしい紫なのでぜひ見て欲しい。

表紙イラストはこちら

さらに予告だ。本編に入らなかった獣姦シーンがあるのだが、お蔵入りするのも勿体無いので、数日中に番外編として公開する。これも凄まじいエロになっているので、乞うご期待である。

新刊「淫果応報」の案内

最近はSteamでゲーム買ったりもしていないので記事が滞りぎみである。DeadSpaceをビビリまくりながらプレイしたらさすがに名作と呼ばれるだけあってなかなか面白かったとか、今更Terrariaで遊んでるけどジャングルの敵強すぎじゃね? とか、それぐらいであろうか。

それはともかく、今回は同人方面で連絡があるため記事を書く。
きたる6月7日(土)、DL委託という形で、新刊「淫果応報」を頒布開始する。
委託先はメロンDLとDLSite.comだ。
八雲紫が陰惨な陵辱の中に叩き落とされる長編だ。
特設サイトはこちら→http://wamekukyouzin.wix.com/inga-ouhou サンプルもあるのでぜひ確認してほしい。
今回はなんと表紙絵がついている。ニコニコ静画やPixivで活動しているハマー氏が快く引き受けてくださった。イメージにピッタリのものを描いてくださってヒャッホウである。
表紙絵の素敵さも相まって過去最高の出来といっても過言ではない。過酷なる陵辱劇の最中で淫らに堕ちていく紫を、目撃せよ。