サッポロの新商品「ホワイトベルグ」レビュー

最近になって東京から地元に戻った。全国的にも住みやすい町として一応名を馳せてはいるところなのでのびのび過ごせてよいのだが、田舎ならではの問題もいくつかある。そのうちのいくつか――たとえば電車の来るスパンが長すぎるとか――は、まあ我慢すればそれで済む。が、しかし、我慢できない問題というのも当然ある。その中の一つが、ビールがないということだ。

いや、当たり前の話だが、スーパーでもコンビニでも「一応」買えはする。「一応」。種類がものすごく限定されるが。私の好きなレーベンブロイですら――東京だったらそこらのスーパーで買えたぞおい――どこにも置いていないのだ。要するに、「飲めれば良い、酔えれば良い」という層が客層のほとんどを占めるから、取扱いもサッポロやキリンの基本的なラインナップに限られてきてしまうのだろう。グランドキリンがコンビニで買えないだなんて!

それでまあ、もういっそ通販でもして手に入れようか、しかし送料がかさむしな……などと思っている所に、おもしろい商品が発売された。それがサッポロのホワイトベルグである。ベルギービールにならったと銘打たれたこの酒、非常にリーズナブルな割になかなか美味い。ということで、今回はこれのレビューをしてみよう。

ホワイトベルグの特徴として、爽やかな口当たりがあげられる。コリアンダーシードとオレンジピールを配合とあるが、ピリッとしたオレンジの香りが、アルコール特有の苦味(苦手な人も多いだろう)をふわりと包み込んでいる。泡まで爽やかだ。このあたりはリキュールなどに近いだろう。
それでいて、しっかりと小麦のボディ感は残っているのだから素晴らしい。オレンジの風味が通り抜けたあとに感じられる香ばしさは間違いなく小麦のそれである。飲みやすく、しかししっかりとしたビールだ。
ありがたいのはお値段だ。350ml缶で100円少々、安い。分類的にビールにならないから酒税が安いとか、そういうことなのだろう。

混ぜものもしてあるし王道ビールからは少し外れるのだろうが、これからの暑い時期、気軽にカジュアルな一杯をというポジションにぴったりな商品だ。酒って苦手なんだよね……という人にもおすすめできる。

商品ホームページは左から。 http://www.sapporobeer.jp/whitebelg/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中