狭苦しい小さなモニタを何倍にも拡張「Dexpot」

同人関係の記事が増えてきてレビューの本数が相対的に減ってきたが、近頃「これは!」と思うソフトウェアを見つけたので紹介する。

Windowsを使っていて、こんな悩みはないだろうか? 「使ってるモニタが古くて、画面が狭いんだよね……」「家のデスクトップPCはマルチモニタで快適だけど、ラップトップの画面だとウインドウがたくさん置けなくて……」。
Dexpotはそういう悩みを解決してくれる、仮想デスクトップツールだ。ボスが来たツールとしても使える。

詳細は「続きを読む」から。

仮想ドライブ、仮想カメラ。仮想とつくものは多いが、仮想デスクトップとはなんぞや?
答えだが、モニタに表示される画面を、複数作ることができる、と考えてくれればよい。1つの画面のサイズはモニタのサイズという物理的限界があるので広げられない。だったら画面をたくさん用意して。切り替えればいいじゃん。そういう発想だ。
Alt+Tabやらを駆使して、一枚の画面でやりくりするのもいいだろう。しかし一つのウインドウを広々と表示すると、残りのウインドウを狭くするか、被らせるしかなくなってしまう。Dexpotを導入すれば、1つの画面では全画面でブラウザを表示、もう1枚ではTwitterクライアント、さらにもう1枚ではテキストエディタを起動し……ということができる。もうウインドウの置き場所に困ることはない。

導入は楽ちんだ。exeをダウンロードして、インストール。それだけ。途中、バンドルソフトウェア(私が導入した時はBaidu IMEだった)を導入するか聞いてくるので、不要なら拒否しておこう。

Dexpotを起動すると、にこやかなスプラッシュ画面(設定で消せる)のあとで、仮想デスクトップが生成される……といっても、見た目、なにも変わっていない。通知領域にモニタのアイコンが追加されるくらいだ。
ここでAltと2~4の数字キーを押してみよう。開いていたウインドウが、綺麗さっぱり消えてしまったはずだ。別に全てのアプリがエラー落ちしたのではない。別の仮想デスクトップに切り替わったのだ。Altと1で戻せる。Dexpotではこのようにしてデスクトップをスムーズに切り替えられる。デフォルトでは4枚のデスクトップが用意されるが、設定で20にまで増やせる。ウインドウを別のデスクトップに送りたいときは、Alt+Shiftで数字キーだ。動作はさくさくとしており、しばらく使っているがエラー落ちするようなこともない(8環境だとストアアプリが幾つか仮想化できないらしいが……)。大変快適だ。

コンフィグも充実している。デフォルトでも十分だが、スタートアップするようにして、スプラッシュは非表示、各種ホットキー設定から「次のデスクトップ」「前のデスクトップ」にWin+Control+Right,Leftを割り当てておくと非常に捗るだろう。多言語対応しており、非公式ながら日本語用ファイルが配布されている。英語を見ると吐き気がする、英語に親を殺された、という人でも安心して利用できる。

なにせスクリーンショットで良さを伝えられる性質のものでないため、実際に使ってもらわないとこのソフトウェアの素晴らしさが伝わらない。なんとも歯がゆいところだ。
しかし導入すればもう戻れないレベルのソフトウェアであることは間違いないし、絶対におすすめする。モニタサイズに悩んでいる諸君は、ヨドバシカメラで数万払う前に、ぜひ一度試してみていただきたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中